おっぱいがいっぱいの間々観音。あの観音様まで乳首露出!?

  • 2017.11.03
  • AV
おっぱいがいっぱいの間々観音。あの観音様まで乳首露出!?

珍宝探訪第二回「間々まま観音」

珍宝探訪-全国の珍宝を探してさすらう旅の記録-。
第二回目は、前回と同じく愛知県小牧市にある間々観音(龍音寺)をご紹介。

このお寺の最大の魅力は、何と言ってもおっぱいに囲まれていることだ。
その為ここには、子宝祈願や育乳祈願、お乳に関する様々な願い事を携えての参拝客が絶えません。

手水舎ちょうずやもおっぱい型

手水舎(身を清めるところ)の水もおっぱいからでています。

間々観音の画像1

母水とでも言ったところでしょうか。
これは、有り難みがありそうです。しっかりと勃った乳首から、噴出されているのがわかりますね。

線香炊きにも乳房が!!

境内を進むと線香抱きがあります。

間々観音の画像2

今度は胸の下、下乳とでも呼べばいいでしょうか?
下乳に線香を立てることができるようになっており、ここで祈願するようです。
側面の変色からも、多くの祈願がおこなわれている事が伝わってきますね。

間々観音の画像3

ツルツル、すべすべの線香立ては、まさに芸術。
女性の身体の美しさがより深くわかるような気がしてきます。

絵馬もパイオツ

多くの人に親しまれる間々観音では、手作りの絵馬を持参する人も多い。

間々観音の画像4

柔らかそうで、色合いもいい。
なかなかの美乳を飾っていますね。

間々観音の画像5

これだけの人が絵馬に願いを込めました。
余談ですが、その昔、芸人の光浦靖子さんが”触ってもらえますように”と願いを込めておっぱい絵馬を飾っていた事があるそうです。

間々観音の画像6

もちろん手作りでなくとも、おっぱいを1,500円で購入することができます。

観音様の乳首露出

観音様の乳房まで拝むことができてしまうのも、間々神社の特徴。

間々観音の画像7

子供に授乳しているような仕草の観音様、目の前に立つとて母水が”チョロチョロ”とでてきます。
さすがは仏様。
おっぱいにはセンサーが付いており、無限に湧き出してきます。

間々神社の歴史について

日本で唯一の”お乳のお寺”とされる間々神社は、1942年に織田信長の命令によって、現在地に創建された。
安産、子育て、子宝などのご利益があるが、これだけのおっぱいが集まっているため、男性参拝客も多く、悪ふざけに訪れる参拝者もいるようだ。(おっぱいに敬意を払って欲しいものである。)

しかし、これだけ乳房が集まれば興奮するのもわかる。上記からも、織田信長もスケベイトだったことがわかる。
前回の「がた神社も含めて、よいスケベツアーができそうだ。

## 交通アクセス

【住所】
〒485-0048
愛知県小牧市間々本町152

【アクセス方法】
名古屋駅から徒歩6分名鉄バス(桃花台 桃花台東行)に乗り込み
間々乳観音前へ(約30分)。
下車して450m(徒歩6分)ほどで間々観音到着。

みんな見ているFANZAのアダルトVR!!

CTA-IMAGE 600万本以上の売上を誇るFANZAのVR動画
無料で楽しめるコンテンツも盛りだくさん
VR動画を試してみたいなら、まずはFANZAがおすすめ!

※この没入感を味わえば普通のAVには戻れません

AVカテゴリの最新記事