アダルトVRに最適なスマホ型VRゴーグルを選ぶ6つのポイント!初心者にもおすすめの機種とは?

更新日:
アダルトVRに最適なスマホ型VRゴーグルを選ぶ6つのポイント!初心者にもおすすめの機種とは?

コストを抑えてアダルトVR動画を視聴していくなら、スマホ型のVRゴーグルがおすすめです。

1,000円から3,000円程度で手に入る安さと、誰でも簡単に操作できるのが魅力!お試しからアダルトVRを使いたいという方にもピッタリ!

今回はアダルトVRに最適なスマホ型VRゴーグルの選び方を6つのポイントに分けて解説します。

何を買えばいいか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

VRゴーグルを手に入れる前に
アダルトVRを無料体験しよう!

アダルトVRをまだ試したことがないなら、FANZAのサンプル動画で先に体験してみましょう!

今ならなんと!スマホだけあれば20作品以上の超高画質アダルトVR動画が無料で視聴できます。

FANZAの無料VR動画

視聴方法もとってもカンタン!たったの3ステップだけですぐ見れちゃう!

  1. メールアドレスとパスワードだけでDMMアカウントを作成
  2. 無料VR動画一覧から見たい作品を選択
  3. VR視聴アプリをダウンロードして再生する

最初からフルバージョンでたっぷりVRセックスがしたい…

と思ったあなたは期間限定の60%OFFセール激安の200円動画を手に入れるのもおすすめ!

試していない方は損していると自信を持って言えるほどFANZAのVRはヤバい!今までのエロ動画では味わえなかった興奮をぜひ体験してください!

※全体のVRゴーグルの選び方は以下の記事をどうぞ。

バーチャル岡本

@sukebate_okmtをフォロー

スケベイトの管理人でライター歴5年を誇るアダルトVR専門家。
年間500本以上のVR AVを視聴し、国内・海外合わせて30以上のアダルト動画配信サービスを経験。
VRだけに留まらず幅広いエロ情報を研究し発信し続けている。

詳しいプロフィールはこちら
著者紹介

アダルトVRに最適なスマホ型VRゴーグルを選ぶ6つのポイント

それではスマホ型VRゴーグルを選ぶ6つのポイントを解説していきます。

アダルトVR動画の視聴には以下の6つを意識して選んでみましょう。

  1. 視野角が広い
  2. 重量が軽い
  3. 自分にあった装着感
  4. ヘッドフォン一体型ではない
  5. ピント調整機能が付いている
  6. 納得できる価格

詳しく見ていきましょう

視野角が広いVRゴーグルを選ぶ

視野角とは簡単に言うと「レンズを通して見える範囲」のことです。VRゴーグルにおける視野角とは、頭を動かさずに見える範囲のことを指します。

視野角がせまいとVR映像の臨場感が少なくなり双眼鏡を覗いているような感覚に。対して広いゴーグルなら視界いっぱいにバーチャル空間が広がるのでリアリティがアップします。

スマホVRゴーグルを選ぶ6つのポイント

出典:Google Play 「VR Player FREE」

上記の画像のような外側の黒ぶちの部分が目にちらついてしまうので、VR空間にとって邪魔な存在ですよね。目安として105°以上のものを選ぶといいでしょう。

エロVRの臨場感にもつながる重要なポイントです。

重量が軽いものを選ぶ!スマホの重さも計算しよう

VRゴーグルの重量は装着時の頭部・首の負担に繋がります。重量が重いほど長時間の視聴が難しくなるのでできるだけ軽量のモノを使いたいところです。

スマホVRゴーグルの場合、重量のほとんどを占めるのはスマホ本体です。最近のゴーグルは軽量化されているので本体の重さはわずかな違いしかありません。

しかし数グラムの違いでも負担は軽くすることができるので、本体の重量も忘れずにチェックしましょう。

本当に軽量化したいならスマホ本体を探したほうがいいと思います。そこで2021年に流通している軽いスマホを下記の表にまとめてみましたので、参考にしてください。

端末名 重量 画面インチ
iPhone 12 mini 133g 5.4インチ
Google Pixel 4a 143g 5.8インチ
iPhone SE(第2世代) 148g 4.7インチ
Xperia Ace Ⅱ 159g 5.5インチ
Galaxy A21 159g 5.8インチ
arrows Be4 Plus 160g 5.6インチ
OPPO A73 162g 6.44インチ
Xperia 10 Ⅲ 169g 6.0インチ
Galaxy S21 5G 171g 6.2インチ
AQUOS sense5G 178g 5.8インチ

全体的にiPhoneは重かったのですが、12 miniだけは別格に軽量でした。『世界で最も小さく、薄く、軽い、5Gスマートフォン。』とキャッチコピーが付けられていたので、機能性も申し分ないです。

またスマホ型VRゴーグルの対応サイズはだいたい『4.7~6.5インチ』が多いので、こちらも合わせて確認してください。

装着感はVRゴーグルにとって必要不可欠

装着感はVRゴーグルにとって必要不可欠

VRゴーグルをはめた時の装着感は最も大切な要素でしょう。ベルト部分がしっかり固定されるかつ、圧迫感を感じないタイプが理想的です。

特にアダルトVRの場合は騎乗位からバックへ体位が変わったり視点移動が激しい作品が多いです。自分に合っていないゴーグルでは気になって煩わしい思いをすることになります。

色々試してきた結果、安価なVRゴーグルほど設計が甘く隙間から光が漏れて臨場感の妨げになるモノもありました。あまり安すぎるのを選ぶと失敗する恐れがあるので注意しましょう。

海外製VRゴーグルは鼻が高い欧米人向けに作られているモノもあるのでフィットしないことも。できれば日本製を選ぶといいでしょう。

手に入れる際はほとんどが通販になりますので、試しに着用するというのが難しいです。この場合は実際に購入した方のレビューを参考にしてください。

ヘッドフォン一体型はおすすめしない

ヘッドフォン一体型はおすすめしない

最近のスマホ型VRゴーグルはヘッドフォンが一体型となったモデルが増えてきていますが、管理人的には必要ないと思っています。

特にiPhoneを使っている方にはおすすめしません。

理由としてヘッドフォンから音を流すには、スマホにイヤホンコードを挿して使いますが、iPhone 6s以降はイヤホンジャックがなくなっているので、余分に変換アダプタを用意する必要があるからです。

お持ちでない方は宝の持ち腐れとなるので、自分で用意したイヤホンを利用したほうが楽ですよ。

Bluetoothでワイヤレスイヤホンも使えるので、ヘッドフォンはいらないかなと個人的に思います。

ピント調整機能は必須!目が悪い人でも安心

VRゴーグルの疑問で多いのが「メガネを掛けたままでも見れるのか?」ということ。これについては「メガネをかけたまま見れるorピントを調整してメガネを外して見れる」が答えです。

メガネを掛けたまま使うのならレンズ部分が広めに設計されているデザインを選びます。

スマホVRゴーグルメガネ

これに対しメガネを外したまま使うのならピント調節機能を持つゴーグルを選ぶといいです。ピント調節により近視・遠視・乱視など様々な目の状態にも対応できます。

スマホVRゴーグルメガネ

メガネを外した方が装着感がいいのでピント調整機能は必要不可欠です。

また焦点距離や瞳孔間距離の調整機能があるとなお良しです。作品内では女の子との距離がかなり近いため、焦点が合わないとぼやけて2重に見えてしまうことがあります。

以上の調節機能が備わっているVRゴーグルを選ぶと、より快適な視聴ができると思います。
 

最近のスマホVRゴーグルは商品ページに「メガネ対応」の文字を記載しているモノが多いです。必ず商品情報やレビューを確認するようにしましょう。

納得できる価格を選ぶ

最終決断は価格がポイント

ご紹介した5つのポイントを完璧に網羅したVRゴーグルはさぞかし高額なイメージを持つかもしれません。

しかし実際は5,000円以内で購入できるものばかり!それ以上の金額はほどんど越えません。

値段が高いからと言って画質が極端に良くなるわけでもないので見極めが大切です。

コスパの良さもスマホ型VRの魅力なので、ご自身のお財布とも相談してくださいね。

また商品によっては専用リモコン付きのお得なセットもあります。商品情報をしっかり読んで魅力的なVRゴーグルを選びましょう。

リモコンがあればスマホを外さなくても操作できますが、絶対に必要というわけではないです。
理由としてFANZAの動画プレーヤーには視点操作機能が付いているから!リモコンが無くても頭の動きがセンサーになり早送り・巻き戻しができるようになったので非常に便利ですよ。
詳しくは『FANZAのアダルト動画をスマホで視聴する方法』の記事内で解説しています。

スマホVRゴーグルのおすすめ機種3選

① ELECOM VRG-M01RBK

ELECOM VRG-M01RBK

出典:Amazon

メーカー ELECOM(エレコム)
型番 VRG-M01RBK
価格 3,160円
重量 275g
大きさ 幅:18.2 奥行き:13.0 高さ:9.4(cm)
視野角 未公表
ピント調整
メガネ対応

管理人の僕も購入したことのある「ELECOM VRG-M01RBK」は総合的にバランスの取れたスマホVRゴーグルです。

合同会社であるDMMが推奨しているVRゴーグルで、付属のIOSリモコンはDMM VR動画プレーヤーのみ操作ができる仕様。アダルト専用のVRゴーグルとして大活躍してくれます。

そしてピント調節機能やメガネ対応などスペックの面でも申し分ないので、初めてVRゴーグルを買う方にもおすすめ!

───  商品レビュー  ───
総じて、簡単だし、VRやってみたい初心者の私には丁度良い感じ。これでVR好きって確信できたら、オキュラス購入予定。
まずは初めの一歩としては良好。おこもり時間を楽しみます!

初めてのVR体験ならピッタリの商品です。DMMの推奨だけあってアダルト動画を見るのにオススメ!IOS専用のリモコンがセットになるのも助かりますね。androidはリモコンが使えないので注意が必要ですよ。

② Canbor VR

Canbor VR

出典:Amazon

メーカー Canbor
型番
価格 2,900円
重量 280g
大きさ 幅:19.5 奥行き:10.0 高さ:9.0(cm)
視野角 120°
ピント調整
メガネ対応

Canbor VRはブルーライトカット機能と電磁放射線防護機能により目の痛みを軽減してくれる機能があります。眼精疲労を緩和するので長時間の視聴でも疲れません。

その他にも120°の広い視野角による臨場感のある映像、Bluetoothコントローラによる動画再生時の簡単操作など、快適な視聴をサポートしてくれます。

安い割に機能が充実しているコスパ最強のVRゴーグルです。

───  商品レビュー  ───
VRが欲しくて購入。お財布に優しい値段なので思わず買ってしまいました。機能として、画質はかなり良いです。
付けたときに、外れやすい感じもなくフィット感もあります。操作手順もわかりやすく優しいです。

Amazonのロングセラー商品!コスパが優秀なのでよく売り切れになるのを見かけます。目の疲れを軽減しBluetoothリモコン付き!ユーザーに優しい機能が人気の秘密でしょう。

③ Dasimon VRゴーグル

Canbor VR

出典:Amazon

ブランド Dasimon
型番 XVR5
価格 2,999円
重量 282g
大きさ 幅:19.3 奥行き:14.3 高さ:13.1(cm)
視野角 120°
画面サイズ 4.7~6.5インチ
ピント調整
メガネ対応

Amazonの人気ランキングで常に上位にランクインしている人気VRゴーグルです。

クリアな立体映像を楽しめる「専用PMMA光学レンズ」を搭載し、長時間の仕様にも優れています。視野角も120°と広いので、エロVRの臨場感もしっかり味わえるでしょう。

重量も282gと軽量で自動調節ヘッドバンドも搭載。レビューを見る限り装着感も申し分ないようですね。

リモコン付きなので動画の再生・停止程度なら操作できます。先程紹介した選ぶときのポイントを全てクリアしているので、非常に高品質でおすすめ!

───  商品レビュー  ───
ヘッドセットの調整はゴムの伸縮+ベルトで行う形でした。
以前紐のみのベルトのものの調整がしずらかったこともあり、心配だったのですがこの商品は大丈夫でした。
また、顔に当たる部分もヘッドホンによく使われている素材で、フィット感があるので光漏れ、少しだけ外界がみえるなどもなく、高いグレードのものと遜色ありません!
プラスチック部分の素材などは値段相応ですが、ヘビーユーザーでなければそこまで気にならないと思います。

とても軽いので疲れないというのが魅力的な商品です。スマホ型VRに欲しい機能が全て凝縮されているので、マストバイといってもいいぐらいの品質でしょう。Amazonで買うならこのVRゴーグルで決まり。

以上がおすすめ3機種の紹介でした。

今回の記事を参考に、エロVR動画専用で使えるスマホ型VRゴーグルを選んでみてください!

バーチャル岡本

@sukebate_okmtをフォロー

スケベイトの管理人でライター歴5年を誇るアダルトVR専門家。
年間500本以上のVR AVを視聴し、国内・海外合わせて30以上のアダルト動画配信サービスを経験。
VRだけに留まらず幅広いエロ情報を研究し発信し続けている。

詳しいプロフィールはこちら
著者紹介

アダルトVRの基礎カテゴリの最新記事