アダルト動画に最適なVRゴーグルの選び方!初めてのエロVRはスマホがおすすめ!

更新日:
アダルト動画に最適なVRゴーグルの選び方!初めてのエロVRはスマホがおすすめ!

VR元年と呼ばれた2016年から5年が経ち、様々な種類のVRゴーグルでアダルト動画が視聴できるようになりました。

人気は年々加速しており、国内最大手アダルトサイトのFANZA(DMM)では累計売上4,000万本を突破!!どんどん名作が誕生していっています。

関連⇒エロVRの魅力を徹底解説!通常のAVより抜けると感じた5個の理由

それならと、いざVRゴーグルを買おうと思ってもどれを選べばいいか悩みますよね。通販サイトをのぞいてみても全部同じように見えてキリがありません。

そこで今回はアダルト動画を見るのに最適なVRゴーグルの選び方や人気機種の比較をくわしく解説していきます。ぜひ参考に選んでみてください。

▼VRAV初心者の方は以下の記事からどうぞ▼

バーチャル岡本

@sukebate_okmtをフォロー

2018年からアダルトライターとして執筆を開始し、現在はスケベイトの代表として活動中。
Oculusシリーズ・PSVRなど様々なデバイスで毎月50本以上のVRAVを視聴。国内・海外合わせて30以上のアダルトVODを試しました。
経験と知識を活かした役立つエロ情報を発信していきます。

著者紹介

VRゴーグルを手に入れる前にアダルトVRを無料体験!

VRゴーグルを手に入れる前に、アダルトVR動画がどういったものなのか体験してからの購入をおすすめします。

最初は国内最大手アダルトサイトのFANZAで16作品以上無料VR動画を視聴しましょう。スマホだけあれば簡単に操作できますよ。

FANZAの無料VR動画

大まかな手順としては…

  1. DMM無料会員登録ページからメールアドレスとパスワードを登録
  2. 無料VR動画一覧から好きな作品を選択
  3. VR視聴アプリをダウンロード
  4. アプリを開いて再生

たったこれだけ!もちろんフル作品を有料で購入できますが、それはVRゴーグルを手に入れてからにしましょう。

詳しい視聴方法は記事後半でも紹介しているので、すぐにでも始めてみてください。

VRゴーグル/ヘッドセットには種類がある

VRゴーグルの種類

無料VR動画を体験したらVRゴーグルを手に入れましょう。

初めに知ってほしいのはVRゴーグルの中でも3つの種類があるということ。それぞれ特性があるので間違えないようにしっかり押さえてくださいね。

①スマホ型VRゴーグル
スマホをVRゴーグルにセットするだけで簡単にVRエロ動画が視聴できます。難しい設定もなく価格も安いので初心者の方にもおすすめのタイプです。

②スタンドアロン型VRゴーグル
スマホやPCなど外部機器との接続がなく、VRゴーグル1台で動画の視聴やコンテンツのダウンロードができるタイプです。高画質のアダルトVRを手軽に視聴できます。
代表的なゴーグル:Oculus Quest 2・Oculus Goなど

③PC・ゲーム接続型VRゴーグル
ゲーミングPCやプレイステーションなどのゲーム機と接続することで機能するVRゴーグルです。ゲームプレイを主に作られているためハイスペックの機器が多いです。
代表的なゴーグル:PSVR・HTC VIVEなど

続いて3つのタイプをもっと詳しくご紹介していきます。

初期コストを抑えてアダルトVR動画を体験するなら「スマホVR」

スマホVRゴーグル

コストを抑えて簡単にアダルトVR動画を体験するなら、スマホ型のVRゴーグルがおすすめです。

使用方法も視聴したい動画をスマホで再生してゴーグルにセットするだけ。難しい操作は一切なく誰でも簡単に使用できると思います。

価格も安いもので300円~3,000円程度で購入できるのでコスパの面でも優秀!価格が安い分、エロ動画の費用に充てられるのは嬉しいですね。

関連記事⇒スマホでVRエロ動画を見る方法!おすすめVRゴーグルと選び方まで解説

種類が多くて自分好みのゴーグルを見つけにくいのがデメリット。スマホの画面をVRゴーグルのレンズを介して見るため、画面の汚れや傷により画質のクオリティが悪くなることもあります。

高画質のアダルトVR動画を手軽に体験するなら「スタンドアロンVR」

スタンドアロン型VRゴーグル

スタンドアロン型VRはとにかくストレスフリー!デバイスと一体型になったVRゴーグルのため、コンテンツのダウンロードから再生まで全てを一台で行えます。

PCやスマホなどの外部機器への接続もいらないので、Wi-Fi環境がある場所ならどこでもVR体験が可能!オナニー中にコードが邪魔になることもありません。

そして高解像度ディスプレイによりエロVR動画もキレイに映ります。動画もVRゲームも楽しめるバランスの取れたタイプです。

本体価格は2万円~とやや高めですが、スマホVRゴーグルよりも遥かにキレイなVR動画を視聴できます。手軽さの面から見てもアダルトVR視聴に最もおすすめのVRゴーグルタイプですね。

ゲームも楽しむなら「PC・ゲーム接続VR」

PC・ゲーム接続型VRゴーグル

ハイレベルのVR体験をしたいのならPC・ゲーム接続VRゴーグルがおすすめ。動画視聴だけでなく高性能のVRゲームが快適にプレイできるよう作られています。

外部機器との接続となるため比較的ハイスペックのゴーグルが多いのも特徴。解像度の高いディスプレイはアダルトVR視聴にもぴったりです。

カスタム性にも優れているので、VRをこだわって使いたい上級者向けのVRゴーグルでしょう。

詳しい解説はこちら⇒PC用VRゴーグルでアダルト動画を視聴する方法!おすすめの機種から選び方まで解説

ゲーミングPCやPS4を持っていない方はゴーグルと合わせて用意する必要があります。特にPCだと20万円以上の出費を覚悟しておいたほうがいいです。コスト面での負担が大きいのはデメリットですね。

アダルト専用のスマホVRゴーグルを選ぶ6つのポイント

アダルト専用のスマホVRゴーグルを選ぶ6つのポイント

ここからは初心者の方におすすめのスマホVRゴーグルを選ぶ6つのポイントをご紹介します。

気をつけるポイントは、大きく分けて6つ!理解しておくだけで理想のデバイスに出会えるでしょう。

  1. 視野角が広い
  2. 重量が軽い
  3. 自分にあった装着感
  4. ヘッドフォン一体型ではない
  5. ピント調整機能が付いている
  6. 納得できる価格

このポイントの中でどの項目を重視するかは皆様次第です。熟知している方はスマホ型VRゴーグルのおすすめ機種までジャンプしてください。

視野角が広いVRゴーグルを選ぶ

視野角とは簡単に言うと「レンズを通して見える範囲」のことです。VRゴーグルにおける視野角とは、頭を動かさずに見える範囲のことを指します。

視野角がせまいとVR映像の臨場感が少なくなり双眼鏡を覗いているような感覚に。対して広いゴーグルなら視界いっぱいにバーチャル空間が広がるのでリアリティがアップします。

スマホVRゴーグルを選ぶ6つのポイント

出典:Google Play 「VR Player FREE」

上記の画像のような外側の黒ぶちの部分が目にちらついてしまうので、VR空間にとって邪魔な存在ですよね。目安として105°以上のものを選ぶといいでしょう。

エロVRの臨場感にもつながる重要なポイントです。

重量が軽いものを選ぶ!スマホの重さも計算しよう

VRゴーグルの重量は装着時の頭部・首の負担に繋がります。重量が重いほど長時間の視聴が難しくなるのでできるだけ軽量のモノを使いたいところです。

スマホVRゴーグルの場合、重量のほとんどを占めるのはスマホ本体です。最近のゴーグルは軽量化されているので本体の重さはわずかな違いしかありません。

しかし数グラムの違いでも負担は軽くすることができるので、本体の重量も忘れずにチェックしましょう。

本当に軽量化したいならスマホ本体を探したほうがいいと思います。そこで2021年に流通している軽いスマホを下記の表にまとめてみましたので、参考にしてください。

端末名 重量 画面インチ
iPhone 12 mini 133g 5.4インチ
Google Pixel 4a 143g 5.8インチ
iPhone SE(第2世代) 148g 4.7インチ
Xperia Ace Ⅱ 159g 5.5インチ
Galaxy A21 159g 5.8インチ
arrows Be4 Plus 160g 5.6インチ
OPPO A73 162g 6.44インチ
Xperia 10 Ⅲ 169g 6.0インチ
Galaxy S21 5G 171g 6.2インチ
AQUOS sense5G 178g 5.8インチ

全体的にiPhoneは重かったのですが、12 miniだけは別格に軽量でした。『世界で最も小さく、薄く、軽い、5Gスマートフォン。』とキャッチコピーが付けられていたので、機能性も申し分ないです。

またスマホ型VRゴーグルの対応サイズはだいたい『4.7~6.5インチ』が多いので、こちらも合わせて確認してください。

装着感はVRゴーグルにとって必要不可欠

装着感はVRゴーグルにとって必要不可欠

VRゴーグルをはめた時の装着感は最も大切な要素でしょう。ベルト部分がしっかり固定されるかつ、圧迫感を感じないタイプが理想的です。

特にアダルトVRの場合は騎乗位からバックへ体位が変わったり視点移動が激しい作品が多いです。自分に合っていないゴーグルでは気になって煩わしい思いをすることになります。

色々試してきた結果、安価なVRゴーグルほど設計が甘く隙間から光が漏れて臨場感の妨げになるモノもありました。あまり安すぎるのを選ぶと失敗する恐れがあるので注意しましょう。

海外製VRゴーグルは鼻が高い欧米人向けに作られているモノもあるのでフィットしないことも。できれば日本製を選ぶといいでしょう。

手に入れる際はほとんどが通販になりますので、試しに着用するというのが難しいです。この場合は実際に購入した方のレビューを参考にしてください。

ヘッドフォン一体型はおすすめしない

ヘッドフォン一体型はおすすめしない

最近のスマホ型VRゴーグルはヘッドフォンが一体型となったモデルが増えてきていますが、管理人的には必要ないと思っています。

特にiPhoneを使っている方にはおすすめしません。

理由としてヘッドフォンから音を流すには、スマホにイヤホンコードを挿して使いますが、iPhone 6s以降はイヤホンジャックがなくなっているので、余分に変換アダプタを用意する必要があるからです。

お持ちでない方は宝の持ち腐れとなるので、自分で用意したイヤホンを利用したほうが楽ですよ。

Bluetoothでワイヤレスイヤホンも使えるので、ヘッドフォンはいらないかなと個人的に思います。

ピント調整機能は必須!目が悪い人でも安心

VRゴーグルの疑問で多いのが「メガネを掛けたままでも見れるのか?」ということ。これについては「メガネをかけたまま見れるorピントを調整してメガネを外して見れる」が答えです。

メガネを掛けたまま使うのならレンズ部分が広めに設計されているデザインを選びます。

スマホVRゴーグルメガネ

これに対しメガネを外したまま使うのならピント調節機能を持つゴーグルを選ぶといいです。ピント調節により近視・遠視・乱視など様々な目の状態にも対応できます。

スマホVRゴーグルメガネ

メガネを外した方が装着感がいいのでピント調整機能は必要不可欠です。

また焦点距離や瞳孔間距離の調整機能があるとなお良しです。作品内では女の子との距離がかなり近いため、焦点が合わないとぼやけて2重に見えてしまうことがあります。

以上の調節機能が備わっているVRゴーグルを選ぶと、より快適な視聴ができると思います。
 

最近のスマホVRゴーグルは商品ページに「メガネ対応」の文字を記載しているモノが多いです。必ず商品情報やレビューを確認するようにしましょう。

納得できる価格を選ぶ

最終決断は価格がポイント

ご紹介した5つのポイントを完璧に網羅したVRゴーグルはさぞかし高額なイメージを持つかもしれません。

しかし実際は5,000円以内で購入できるものばかり!それ以上の金額はほどんど越えません。

値段が高いからと言って画質が極端に良くなるわけでもないので見極めが大切です。

コスパの良さもスマホ型VRの魅力なので、ご自身のお財布とも相談してくださいね。

また商品によっては専用リモコン付きのお得なセットもあります。商品情報をしっかり読んで魅力的なVRゴーグルを選びましょう。

リモコンがあればスマホを外さなくても操作できますが、絶対に必要というわけではないです。
理由としてFANZAの動画プレーヤーには視点操作機能が付いているから!リモコンが無くても頭の動きがセンサーになり早送り・巻き戻しができるようになったので非常に便利ですよ。
詳しくは『FANZAのアダルト動画をスマホで視聴する方法』の記事内で解説しています。

エロ動画に最適!おすすめVRゴーグルをタイプ別に紹介

ここからは「スマホ型」「スタンドアロン型」「PC・ゲーム接続型」の3タイプごとにおすすめのVRゴーグルをご紹介していきます。

今回紹介するVRゴーグルは以下の基準で選んでいます。

  1. 管理人の岡本スケベイト管理人が実際に使ったことがあるVRゴーグル
  2. 売上数が多く人気が高い
  3. アダルトVR(FANZA・アダルトフェスタVRなど)に対応している

スマホ型VRゴーグルのおすすめ機種

まずはスマホ型VRから厳選した3つのゴーグルをご紹介していきます。

① ELECOM VRG-M01RBK

ELECOM VRG-M01RBK

出典:Amazon

メーカー ELECOM(エレコム)
型番 VRG-M01RBK
価格 3,160円
重量 275g
大きさ 幅:18.2 奥行き:13.0 高さ:9.4(cm)
視野角 未公表
ピント調整
メガネ対応

管理人の僕も購入したことのある「ELECOM VRG-M01RBK」は総合的にバランスの取れたスマホVRゴーグルです。

合同会社であるDMMが推奨しているVRゴーグルで、付属のIOSリモコンはDMM VR動画プレーヤーのみ操作ができる仕様。アダルト専用のVRゴーグルとして大活躍してくれます。

そしてピント調節機能やメガネ対応などスペックの面でも申し分ないので、初めてVRゴーグルを買う方にもおすすめ!

───  商品レビュー  ───
総じて、簡単だし、VRやってみたい初心者の私には丁度良い感じ。これでVR好きって確信できたら、オキュラス購入予定。
まずは初めの一歩としては良好。おこもり時間を楽しみます!

初めてのVR体験ならピッタリの商品です。DMMの推奨だけあってアダルト動画を見るのにオススメ!IOS専用のリモコンがセットになるのも助かりますね。androidはリモコンが使えないので注意が必要ですよ。

② Canbor VR

Canbor VR

出典:Amazon

メーカー Canbor
型番
価格 2,900円
重量 280g
大きさ 幅:19.5 奥行き:10.0 高さ:9.0(cm)
視野角 120°
ピント調整
メガネ対応

Canbor VRはブルーライトカット機能と電磁放射線防護機能により目の痛みを軽減してくれる機能があります。眼精疲労を緩和するので長時間の視聴でも疲れません。

その他にも120°の広い視野角による臨場感のある映像、Bluetoothコントローラによる動画再生時の簡単操作など、快適な視聴をサポートしてくれます。

安い割に機能が充実しているコスパ最強のVRゴーグルです。

───  商品レビュー  ───
VRが欲しくて購入。お財布に優しい値段なので思わず買ってしまいました。機能として、画質はかなり良いです。
付けたときに、外れやすい感じもなくフィット感もあります。操作手順もわかりやすく優しいです。

Amazonのロングセラー商品!コスパが優秀なのでよく売り切れになるのを見かけます。目の疲れを軽減しBluetoothリモコン付き!ユーザーに優しい機能が人気の秘密でしょう。

③ Dasimon VRゴーグル

Canbor VR

出典:Amazon

ブランド Dasimon
型番 XVR5
価格 2,999円
重量 282g
大きさ 幅:19.3 奥行き:14.3 高さ:13.1(cm)
視野角 120°
画面サイズ 4.7~6.5インチ
ピント調整
メガネ対応

Amazonの人気ランキングで常に上位にランクインしている人気VRゴーグルです。

クリアな立体映像を楽しめる「専用PMMA光学レンズ」を搭載し、長時間の仕様にも優れています。視野角も120°と広いので、エロVRの臨場感もしっかり味わえるでしょう。

重量も282gと軽量で自動調節ヘッドバンドも搭載。レビューを見る限り装着感も申し分ないようですね。

リモコン付きなので動画の再生・停止程度なら操作できます。先程紹介した選ぶときのポイントを全てクリアしているので、非常に高品質でおすすめ!

───  商品レビュー  ───
ヘッドセットの調整はゴムの伸縮+ベルトで行う形でした。
以前紐のみのベルトのものの調整がしずらかったこともあり、心配だったのですがこの商品は大丈夫でした。
また、顔に当たる部分もヘッドホンによく使われている素材で、フィット感があるので光漏れ、少しだけ外界がみえるなどもなく、高いグレードのものと遜色ありません!
プラスチック部分の素材などは値段相応ですが、ヘビーユーザーでなければそこまで気にならないと思います。

とても軽いので疲れないというのが魅力的な商品です。スマホ型VRに欲しい機能が全て凝縮されているので、マストバイといってもいいぐらいの品質でしょう。Amazonで買うならこのVRゴーグルで決まり。

スタンドアロン型VRゴーグルのおすすめ機種

次に使い勝手抜群のスタンドアロン型のおすすめ機種を4つご紹介します。

① Oculus Quest 2

oculus Quest 2の本体

出典:Amazon

機器名 Oculus Quest 2(オキュラスクエスト2)
本体価格 64GB:37,100円
256GB:49,200円
使用方式 独立型/PC接続
解像度 3,664×1,920 高速スイッチ液晶ディスプレイ
リフレッシュレート 90Hz
音声 内蔵スピーカー
3.5pinステレオジャック
Bluetooth機能なし
トラッキング 6DoF
コントローラー 両手2機 5ボタン+ジョイスティック
重量 503g

Oculus Quest 2(オキュラスクエスト2)は2020年10月13日に「Facebook Connect」から発売された、最新オールインワンVRヘッドセットです。

ディスプレイ解像度・処理速度・価格の安さなど様々な性能が向上。スペックの高さから「歴代最高のVRデバイス」として注目を集めています。

最大の魅力は画質のキレイさ。これまでハイスペックだと言われてきた「PC接続型」よりもキレイな高解像ディスプレイは、アダルトVR視聴に最適!

特にHQの超高画質VR作品と相性バッチリで、現実と変わらないリアルなVRセックスを体験できますよ。

間違いなく現在のVRデバイス市場で注目度・人気ともにNo.1でしょう。

───  商品レビュー  ───
これ程までの性能とは驚き。
動作も軽く、重さも気にならないので大人なら問題なし。重いと言ってる人は普通の生活でも相当軟弱な人で首を鍛えた方が良いw
解像度などは申し分ない、没入感はスゴイの一言。総評で最高。

僕も発売と同時に手に入れましたが、今まで使ってきたVRゴーグルで1番画質が良かったです。処理速度もサクサクで操作性も抜群
アダルトVRを見るなら最もおすすめしたいデバイスの1つです。

② Oculus Go

oculus goの本体

出典:Amazon

機器名 Oculus Go(オキュラスゴー)
本体価格 32GB:19,800円
64GB:25,700円
使用方式 独立型(PC接続なし)
解像度 2,560×1,440 液晶ディスプレイ
リフレッシュレート 60Hz
視野角 100°
音声 内蔵スピーカー
3.5pinステレオジャック
Bluetooth機能なし
トラッキング 3DoF
コントローラー 片手1機 4ボタン+タッチセンサー
重量 468g

Oculus Goは映像コンテンツを主に楽しむためのハイスペックVRデバイスで、アダルトVR専用として使うのにも最適です。

圧倒的ストレスフリーな操作性、外部機器との接続がいらない手軽さなどユーザーの心を鷲掴み。管理人の僕も自身を持っておすすめします。

スタンドアロン型の中でもコスパが圧倒的にいいので、高画質のAVを視聴したいのなら頑張ってでも買ったほうがいいと思います。

※現在は販売終了となり公式サイトで購入はできません。Amazonなどの通販サイトで探してみましょう。

───  商品レビュー  ───
現状手に入る一般向けとしてはこれがベストバイと思います。
画質はPSVRと良く似た感じ。
ストリーミングなら大抵のVR映像は見られます。PCに繋いで動画の出し入れが出来ますし、大家のページにPCをサーバー化する方法があったので実行したところ、USBスティックや外付HDDの動画まで再生出来て感動。専用ケースもカッコ良くて大満足。

僕も愛用しているVRデバイスの1つ!VRエロ動画を見るのに最適な機能性でキレイな映像が魅力ですね。アダルトユーザーで持っている方も多い最高峰のVRゴーグルだと感じてます。

③ Oculus Quest

oculus questの本体

出典:Amazon

機器名 Oculus Quest(オキュラスクエスト)
本体価格 64GB:49,800円
128GB:62,800円
使用方式 独立型/PC接続
解像度 2,880×1,600 有機ELディスプレイ
リフレッシュレート 72Hz
視野角 100°
音声 内蔵スピーカー
3.5pinステレオジャック
Bluetooth機能あり
トラッキング 6DoF
コントローラー 両手2機 5ボタン+ジョイスティック
重量 571g

Oculus Questは販売総数70万台を誇るオールインワン型のゲーミングヘッドセットです。

有機ELディスプレイによる高解像度のVR映像視聴や、高性能のPCVRゲームプレイが可能で遊べるコンテンツの幅がとても広いです。

手軽さ・機能性の面でもパーフェクト!この1台があれば今までと比べ物にならないVR体験ができますよ。

※現在は販売終了となり公式サイトで購入はできません。Amazonなどの通販サイトで探してみましょう。

───  商品レビュー  ───
HMDは4台目ですが、最初のチュートリアルの出来が素晴らしいです。
あらかじめ自由に動ける範囲を決めて、それをはみ出そうとしたときの警告を表示してくれる。
単体アプリは性能的に当然弱いですが、oculusLinkも込みでトータル完成度という意味では現段階で一番のHMDかと思います。今買うならこれしかない。

VRの可能性を広げた革命的デバイス!前作Oculus Go以上の画質と機能性で様々なコンテンツを楽しめます。エロもゲームも楽しみたいならこれで決まりでしょう。

④ DPVR-4D&SKYWORTH-4D

DPVR-4D/SKYWORTH-4Dの本体

出典:Amazon

機器名 DPVR-4D/SKYWORTH-4D
本体価格 33,000円(税込)
使用方式 独立型
解像度 2560×1440
リフレッシュレート 72Hz
視野角 96-105°
音声 Surround-sound double speaker
Width Mini speaker
トラッキング 3DoF
コントローラー タッチパッド
重量 419g/319g

DPVR-4D/SKYWORTH-4Dは機能性がほとんど同じなので、同時に紹介させていただきます。

最大の魅力は国内2位のエロVR作品数を誇る「アダルトフェスタVR」の特化型として利用できること。アカウントへすぐにアクセスできるので、ストリーミング再生も快適です。

そしてアダフェスと言えばオナホ連動システム「+1D動画」でしょう。どちらも対応済みなので高水準のVRオナニーが楽しめますよ。

ただFANZAの公式アプリには未対応。そしてアダルト動画視聴がメインとなるので、コンテンツの幅がかなり狭いです。

───  商品レビュー  ───
ふだんPSVRを使用しているのだが、準備がめんどくさいのでサブ機として購入。
結果としては購入してよかった。スペックや画質はPSVRに及ばないものの、ケーブル類の煩わしさもなく快適に使えている。特に某有名VRサイトに特化しているので、ユーザーにはおすすめできる。
ただ、動画視聴以外の機能がない(知らないだけ?)ので過度な期待は禁物。
寝る前やちょっとした時に、簡単に視聴できるのはありがたいので、某VRサイト専用機として使います。

アダルトフェスタVRだけを使う人には最高のVRデバイスでしょう。専用アプリもいらず、オナホ連動用のBluetoothも完備されています。
SDカードも使えるのでDRMフリーの海外無修正動画なども視聴できますよ。FANZAが使えないので万人受けではないかなと思います。

⑤ Pico G2 4K

Pico G2 4Kの本体

出典:Amazon

機器名 Pico G2 4K
本体価格 33,300円(税別)
使用方式 独立型
解像度 3,840×2,160 フルネルレンズ
リフレッシュレート 75Hz・Fast-Switch
視野角 101°
外部ストレージ 最大256GB Micro-SD対応
トラッキング 3DoF
重量 276g

Pico G2 4Kは中国の企業「Pico」で開発されたデバイスで、超高画質のVR映像体験ができる機種です。

最大の魅力は4Kの解像度!3,840×2,160のディスプレイは他社スタンドアロン型VRゴーグルと比較しても圧倒的な数値!

そして本体は276gの超軽量設計。スマホ型ゴーグルのスマホ抜きと同じ軽さなので、長時間の視聴にも優れているタイプとなります。

ただ国内最大手アダルトサイト『FANZA』には対応していないのが残念なところ。ダウンロートしたアダルトVR動画は見れるので、アダフェス派の人におすすめしたいです。

───  商品レビュー  ───
3Dゲームに興味がなく、鑑賞用ディスプレイとしての使い方であれば、高性能なパソコンも不要なスタンドアローン型VRゴーグルとしては、画質的にはベストと思う。またマイクロSDやC端子を実装しているので、外部メディアをそのまま使えるのもQUIESTやGOに無い良い点です

FANZAに対応していないのがすごく残念!画質はピカイチなので映像コンテンツを中心に楽しむにはぴったりです。頭の動きしか感知しないのでゲームもしたい方にはおすすめできません。

PC・ゲーム接続型VRゴーグルのおすすめ機種

最後に高性能のVRゲームが体験できるPC・ゲーム接続型VRゴーグルのおすすめ機種をご紹介します。

① PlayStation VR(PSVR)

PSVRの本体

出典:Amazon

機器名 PlayStation VR(PSVR)
本体価格 34,900円
使用方式 独立型/PC接続
解像度 1,920×1,080 有機ELディスプレイ
リフレッシュレート 120Hz
視野角 100°
トラッキング 6DoF
コントローラー PS4コントローラー
重量 600g

PSVRは2016年に大手ゲーム機器メーカー「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」から発売されたVRゴーグルです。

リアルなゲーム体験をコンセプトに迫力のある3D空間・3Dオーディオによる圧倒的な臨場感を実現。FANZAをはじめとする主要アダルトVRサイトの専用アプリが用意されており、音響・画質ともに最高水準で視聴が可能です。

PS5にも互換性があり、PSVR2の開発も進んでいることから、今後も目が話せない機器でしょう。
PS5でアダルト動画(VR)を見る方法!FANZAとU-NEXTで高画質AVを楽しもう

※PSVRの魅力やスペックについてもっと詳しく知りたい方は下記リンク記事もご覧ください。

───  商品レビュー  ───
買って良かったとは思う。手元に届いてさっそく、既に購入済だったACE COMBAT 7をプレイしました。
解像度がやや低いかな~とは感じたものの、それを差し引いても 初めてのVR体験は驚きと興奮で
これがゲームなのか・・と、目を疑うような体験でした。
当方iPhoneの携帯装着型VRで見ていたDMMの大人向け動画ですがPSVRの方が断然良いです。

世界で最も売れているVRデバイス!プレステのVRゲームができるので様々なコンテンツを楽しめます。VRエロ動画も様々なサイトの作品が視聴可能で使い勝手もいいですね。
発売から5年たった今でも愛されています。

② Oculus Rift S

oculus rift sの本体

出典:Amazon

機器名 Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)
本体価格 49,800円
使用方式 PC接続
解像度 2,560×1440 液晶ディスプレイ
リフレッシュレート 80Hz
視野角 115度
音声 内蔵スピーカー
3.5pinステレオジャック
Bluetooth機能なし※PCによる
トラッキング 6DoF
コントローラー 両手2機 5ボタン+ジョイスティック
重量 500g

PC接続型の中でも定番商品であり、高水準のスペックから人気がとても高いゲーミングVRデバイスです。

またゲームだけでなくアダルトVR動画視聴にも最適!PCのグラフィック処理を使っているため圧倒的な高画質のAVを視聴できます。

しかしながら高性能のPCに接続が必要となり、初期コストの負担は大きいです、しかしVRへのこだわりを存分にいかしてくれるスペックは魅力的!上級者向けのVRゴーグルですね。

※Oculus Rift Sの魅力やスペックについてもっと詳しく知りたい方は下記リンク記事もご覧ください。

───  商品レビュー  ───
VR体験ですが、ゲームへの没頭感は高いです。
80Hzという事ですが残像感はまず感じなかったですし、装着時の後ろからのダイヤル調整の幅がかなりあるので、バランスはGOより良好です。
重さを忘れてしまう感覚でVRって感じです。Rift SがPCでのVRにはベストバイな気がします。映像は綺麗で操作感も抜群ですよ

PC接続型としては人気No.1!くっきりとキレイに映る映像はVRの没入感を高めています。アダルトというよりはVRゲームが中心となるでしょう。対応しているPCのスペックとお持ちのPCのスペックは要確認ですよ!

③HP Reverb G2

HP Reverb G2

出典:Amazon

機器名 HP Reverb G2
本体価格 65,780円
使用方式 PC接続
解像度 4,320×2,160 2.89LCD
リフレッシュレート 90Hz
視野角 114度
トラッキング 6DoF
重量 500g

HP Reverb G2はValveとMicrosoftの共同開発により誕生した、PC用のVRゴーグルです。

業界でもトップクラスとなる片目2kとなるディスプレイは、Oculus Rift Sの2.5倍の解像度を誇ります。格子状の模様が浮き出るスクリーンドア効果も改善され、小さな文字でもくっきり!

料金もPCVRの中では安いほうなので、高性能のPCが揃っている方ならおすすめの1台です。2021年に販売が再開され、今後も注目したい1台です。

前モデル「HP Reverb」からパワーアップした最新機種!最高の画質でVRAVを視聴できそうですね。手動で瞳孔間距離を調整できるなど機能面も申し分なしなので、PCVRを買うなら候補に入れたいデバイスです。

④ HTC Vive

HTC Viveの本体

出典:Amazon

機器名 HTC Vive
本体価格 64,250円~80,000円
使用方式 PC接続
解像度 2,160×1200 有機ELディスプレイ
リフレッシュレート 90Hz
視野角 110度
トラッキング 6DoF・ルームスケール
コントローラー 両手2機 4ボタン+トラックパッド
重量 555g

HTC ViveはルームスケールのVR体験が特徴。3m×4mの部屋サイズの仮想空間内を自由に動き回ることが出来ます。

画質の良さと90Hzのリフレッシュレートから高い没入感が魅力ですね。高機能のVRゲームに特化したデバイスだと言えるでしょう。

もちろんアダルトVRの視聴も可能!「VRカノジョ」などのエロゲも楽しめそうですね。

───  商品レビュー  ───
PSVRと違って無料のVRゲームもSteamに大量にありますしVIVEの月額サービスを利用すれば有料のゲームも楽しめます。
ルームスケールVRは移動しないといけないので部屋が狭いと厳しいところはありますが未知の体験なのでぜひぜひオススメしたいです。

仮想空間内で移動しながらプレイできる面白さがあります。PSVRでは体験できないクオリティでしょう。ただ価格が高いのでVRエロ動画を見るだけならオススメできません…

アダルトVR動画が見れるおすすめの動画サイトと視聴方法

VRゴーグルを手に入れたらアダルト動画配信サイトで動画を手に入れましょう。

初めての方なら無料VR動画も視聴できるので、まずはお試しでもOKですよ。

ちなみに無料動画配信サイト(Pornhubなど)でもアップロードされていますが、有料動画と比べて画質が最悪でとても見れたものじゃありません。

ウイルス感染の可能性もありますので、安全安心に視聴できるサイトを選択してください。

関連:VR AVを無料視聴できるエロ動画サイト12選!日本人の無修正VRも見れる?

今回は以下の3つのアダルト動画配信サイトを紹介していきます。

  1. FANZA(DMM)
  2. Adult Festa(アダルトフェスタ)
  3. PICMO VR

合わせて視聴方法も紹介しますので、ぜひ活用してください。

国内最大手のアダルト動画サイト「FANZA(DMM)」

FANZA紹介

FANZA(DMM)は会員数3,000万人以上を超える業界最大手のアダルト動画配信サービスです。

VRの作品数も2021年に10,000本を突破!単体AV女優の人気作品からマニアックなフェチ作品まで国内No.1の品揃えを誇ります。

また手が出しやすい価格設定も魅力の1つ。最安100円から配信されており60%OFFや10円セールなど毎日のように期間限定セールを行っています。

全てにおいてトップクラスであり、VRを視聴する上でFANZAは絶対登録しておくべきです。

FANZA(DMM)でアダルトVR動画を視聴する方法

今回は最も簡単なスマホでの無料視聴方法を紹介します。

  1. FANZAの動画トップページ右上のDMMアカウントボタンから会員登録ページに進む。
  2. メールアドレスと任意のパスワードを入力してアドレスを送信するをタップ。
  3. DMMアカウント登録

  4. 会員登録認証メールを開き会員登録認証アドレス(URL)をタップすると登録完了です。
  5. 無料VR動画一覧から好きな作品を購入済み一覧に¥0で追加をタップ
  6. 無料VR動画一覧

  7. FANZA VRページの下部から視聴に必要なアプリのインストール
  8. FANZAアプリインストール

  9. インストールしたアプリを開き、先ほど登録したアカウントでログイン。ライブラリに追加した動画を再生しましょう。
  10. FANZAアプリインストール

会員登録に使用したメールアドレスとパスワードは忘れないようにメモしておきましょう。

有料動画はクレジットカード払いもしくはDMMポイントが使えます。支払い方法についてはFANZA支払い方法の記事をご確認ください。

最初からフルで見たいけど1,000円以上出せない…という方は期間限定!200円動画から動画を選びましょう!

また以下の記事でVR AVのおすすめランキングを発表しています。間違いなく抜けるものばかりなので、作品選びの際は参考にしてください。

革新的なアダルトVR動画が魅力「アダルトフェスタVR」

アダルトフェスタVR

Adult Festa(アダルトフェスタ)はVRエロ動画専門の配信サービスで革新的なアダルト動画を生み出しています。

従来の2倍以上の滑らかさと3K解像度を実現した「匠シリーズ」や、視聴時の選択によってプレイが変わる「映像分岐ストーリー再生」もAV業界初の試みです。

そして大人のおもちゃと連動する動画「VR+1D」で有名!動画の内容に連動してオナホ反応するシステムで虜になったユーザーも多いです。

アダルトフェスタVRでアダルト動画を視聴する方法

  1. トップページ上部の会員登録から会員登録ページに進む。
  2. 「LPEG POINTへの会員登録が必要です」と書かれた直下の会員登録をクリック。
  3. メールアドレスを入力し送信をクリック。
  4. L-POINT会員登録の案内メールが届くので、本文に記載されたURLをクリック
  5. 表示された必要事項を入力して、確認画面へ登録するをクリックして登録が完了します。
  6. VR専用アプリDimension Playerをダウンロードし登録したアカウントでログイン
  7. 無料作品一覧からお好みの動画を再生しましょう。

単品作品以外にストリーミング月額見放題のプランも2,980円で利用可能です。毎日見る方にとってかなりお得なプランですね。

基本的にはFANZAとアダルトフェスタVRを使えば、国内のエロVRは全て網羅できるでしょう。それぞれのサービスの詳しい比較は以下の記事で特集しています。

14日の無料体験!アダルトVR見放題の「PICMO VR」

PICMO VR紹介

※PICMOVRは2021年5月末にすべてのサービスが終了しました。参考情報として掲載しています。

PICMO VRは月額見放題のVR専門の配信サービスです。映画・ドラマなどの一般作品とは別にアダルトVRも見放題になることで人気を集めています。

アダルトVR配信サービスの中では珍しい14日間の無料体験が魅力!期間中は対象のVRエロ動画が見放題!5分程度のサンプル動画ではなく1つの作品をフルで視聴できるのは嬉しいポイントです。

また通常は月額1,980円で一般作品・アダルトVR作品が見放題となり、毎日1本ずつ見ても1日60円~70円の計算になるのでコスパ面において素晴らしいサービスですね。

おすすめのVRゴーグルを徹底比較

ここまでのまとめとして、今までご紹介してきたVRゴーグルを細かい項目に分けて比較していきます。

VRゴーグルの本体金額を比較!高性能ほど高くなる?

先ほど紹介したVRゴーグルの金額を比較していきましょう。

HMDの種類 価格 タイプ
スマホ用VRゴーグル ¥1,000~¥5,000 スマホ型
Oculus Go ¥19,800~¥25,700 スタンドアロン型
Pico G2 4K ¥34,900 スタンドアロン型
DPVR-4D/SKYWORTH-4D ¥34,900 スタンドアロン型
PSVR ¥34,900 ゲーム接続型
Oculus Quest 2 ¥37,100~¥49,200 スタンドアロン型
Oculus Quest ¥42,800~¥62,800 スタンドアロン型
Oculus Rift S ¥49,800 PC接続型
HP Reverb G2 ¥65,780 PC接続型
HTC Vive ¥64,250~¥80,000 PC接続型
※上記の価格はVRゴーグルのみの金額ですので、スマホやPC・PlayStationなどの機器の金額は含まれておりません。

PC接続型の機種は価格が高いですね。高品質なVRゲームをするためのスペックがすごいので、その分価格も高いんだと思います。

スマホ型はセットして覗くためだけの機器なので、価格も段違いに安いです。

ということで、価格と性能は比例するようですね。ただ何に使うかによるので「高いものを選んだほうがいい!」とは一概には言えません。

今回はアダルトVRの視聴を目的としての比較なので、スタンドアロン型を選ぶのが間違いないですね。

全ての機種でアダルトVRは視聴できるので、問題は機能性かなと思います。使い勝手がいいのは『Oculus Go』か『Oculus Quest 2』でしょう。

Amazon売れ筋VRゴーグルランキング比較

2020年4月時点でAmazonで最も売れているVRゴーグルの一覧表を作ってみました。

機器/項目 価格 重量 ピント調整 対応機種
MZTDYTL VR ¥2,899 約410g あり 4.7~6.2インチスマホ
VR SHINECON ¥3,280 約282g あり 4.7~6.5インチスマホ
Kakugo 3D ¥3,399 約183g あり 4.7~7.0インチスマホ
THCL VR ¥2,900 あり 4.7~6.2インチスマホ

AmazonのVRゴーグルランキングで感じたのが、3,000円前後のスマホ型が人気だということ。そしてどの機種もスペック的にはそこまで差がありませんでした。

商品説明を見る限りほとんど同じような説明が書かれていたので、この金額帯ならデザインや付属品の有無で選んでも問題なさそうです。

しかしAmazonの人気商品にはメーカーの名前が曖昧で日本製ではなさそうなVRゴーグルが多数ランクインしています。信用できないという方は「ELECOM」などの日本メーカーのものを購入しましょう。

逆にスマホ型以外では「Oculus Quest 2」が一番人気でした。エロ視聴にもゲームプレイにも最適なので、当然の結果だと思います。

アダルトVR動画を高画質で見れるVRゴーグルを比較!

アダルトVR動画を見る上で重要視したいのはいかに安く高画質で見れるかがポイント!ゲームなどにも使えるといった付加価値は抜きで厳選してみました。

機器/項目 価格 視野角 解像度 必要な物
ELECOM VRG-M01RBK ¥3,160 使用スマホで変化 スマホ
Oculus Go ¥19,800 100° 2560×1440 なし
PSVR ¥34,900 100° 1,920×1,080 PS4
Oculus Quest ¥49,800 100° 2,880×1,600 なし/高性能PC
Oculus Quest 2 ¥37,100 3,664×1,920 なし/高性能PC
Oculus Rift S ¥49,800 115° 2,560×1440 高性能PC

手軽さとコスパの面だと「Oculus Go」一択ですね。より画質のキレイなアダルトVRを見る場合は「Oculus Quest 2」がおすすめ!

スマホでは物足りないし、PS4や高性能PCだと決まった場所でしか見れないのはデメリット。その点「Oculus Go」「Oculus Quest 2」はどこでも閲覧可能という大きなメリットがあります。

ただOculus Goはすでに生産が中止しているので新品で手に入れるのが難しい状況。手に入れやすいかどうかも見る必要がありそうです。

まとめ

どんどん進化していくアダルトVR業界は今後も大注目です。まだ試したことがない方は今回紹介した内容を参考にVRゴーグルを手に入れてみてください。

個人的におすすめ順でランキング付けすると

  1. Oculus Quest 2
  2. Oculus Go
  3. スマホ型VRゴーグル
  4. Pico G2 4K
  5. DPVR-4D/SKYWORTH-4D

この順番です!やはりエロVR視聴時に外部機器との接続はジャマになるので、スタンドアロン型が中心となると思います。

特にOculus Quest 2はずば抜けた機能性かなと思っているので、初めてVRを見る方が買っても間違いないです。

ただ価格は決して安くないので、お財布が心配な方はスマホ型VRゴーグルで充分だと思います。

スマホ型VRゴーグルを選ぶ際には、「視野角・重量・装着感・ヘッドフォン一体型ではない・ピント調整・価格」の6つのポイントを見て選んでみてください。

もちろんVRゴーグルだけだと何もできないので、FANZA(DMM)などのサービスを利用して疑似セックスを楽しんでいきましょう。

引き続き新機種が発売されたら情報を追記しますね。

バーチャル岡本

@sukebate_okmtをフォロー

2018年からアダルトライターとして執筆を開始し、現在はスケベイトの代表として活動中。
Oculusシリーズ・PSVRなど様々なデバイスで毎月50本以上のVRAVを視聴。国内・海外合わせて30以上のアダルトVODを試しました。
経験と知識を活かした役立つエロ情報を発信していきます。

著者紹介

アダルトVRの基礎カテゴリの最新記事