アダルト動画に最適なVRゴーグルの選び方!エロVRのプロが選ぶおすすめ機種ランキングTOP7

更新日:
アダルト動画に最適なVRゴーグルの選び方!エロVRのプロが選ぶおすすめ機種ランキングTOP7

アダルトVR動画が2016年に配信されて以降、さまざまなタイプのVRゴーグルで視聴できるようになりました。

人気も衰えることがなく、国内最大手のアダルトサイト「FANZA」ではVRの累計売上が4,500万本を突破しました。

それならと、いざVRゴーグルを選ぼうと思っても、いったいどの機種がエロ動画の視聴に合っているのかわかりませんよね。

そこで今回はVR AVを4年以上視聴している管理人が、アダルトVRに最適なVRゴーグルの選び方をまとめてみました。

おすすめ機種のランキングも紹介するので、ぜひゴーグル選びの参考にしてください!

▼VRAV初心者の方は以下の記事からどうぞ▼

バーチャル岡本

@sukebate_okmtをフォロー

2018年にアダルトライターとして活動を開始。現在はスケベイトの管理人として全記事を執筆しています。
Oculus Quest 2を中心に様々なVR機器で毎月50本以上のAV作品を視聴。国内・海外合わせて30以上のアダルト動画配信サービスを試しました。
経験と知識を活かした役立つエロ情報を発信していきます。

著者紹介

VRゴーグルを手に入れる前にアダルトVRを無料体験!

VRゴーグルを手に入れる前に、アダルトVR動画がどういったものなのか体験してからの購入をおすすめします。

最初は国内最大手アダルトサイトのFANZAで20作品無料VR動画を視聴しましょう。スマホだけあれば簡単に操作できますよ。

FANZAの無料VR動画

大まかな手順としては…

  1. DMM無料会員登録ページからメールアドレスとパスワードを登録
  2. 無料VR動画一覧から好きな作品を選択
  3. VR視聴アプリをダウンロード
  4. アプリを開いて再生

以上の3ステップだけ!

なおVR動画は普通の動画より通信量が多いです。ネット環境が整っていないと動画が途中で止まったり、早送りが思うように進まないことが起こってしまいます。

問題なく再生できるのか確かめるのにも、無料動画は使えますよ!

最初からフル動画を試したい!という方には期間限定の60%OFFセール作品がおすすめ!

最安100円~200円ほどで視聴ができるので損をすることはないですよ。

FANZA60%OFFセール

VRゴーグルは4つのタイプに分かれる

VRゴーグルはさまざま種類がありますが、大きく4つのタイプに分かれます。

VRゴーグルの4タイプ

  • スマホ型
  • スタンドアロン型
  • PC接続型
  • ゲーム機接続型

1つずつ特徴を解説していきますね。

スマホ型:初期コストを抑えてアダルトVR動画を視聴できる

スマホVRゴーグル

コストを抑えて簡単にアダルトVR動画を体験するなら、スマホ型のVRゴーグルがおすすめです。

使用方法も視聴したい動画をスマホで再生してゴーグルにセットするだけ。難しい操作は一切なく誰でも簡単に使用できると思います。

価格も安いもので300円~3,000円程度で購入できるのでコスパの面でも優秀!価格が安い分、エロ動画の費用に充てられるのは嬉しいですね。

種類が多くて自分好みのゴーグルを見つけにくいのがデメリット。スマホの画面をVRゴーグルのレンズを介して見るため、画面の汚れや傷により画質のクオリティが悪くなることもあります。

詳しい選び方については以下の記事でまとめています。

スタンドアロン型:高画質なアダルトVR動画を手軽に体験

スタンドアロン型VRゴーグル

スタンドアロン型はデバイスと一体型になったVRゴーグルのため、とにかく手軽に高品質なアダルトVRが視聴できます。

PCやスマホなど外部機器との接続も必要なく、Wi-Fi環境がある場所ならどこでもVR体験が可能!ワイヤレスなのでオナニー中も邪魔になりませんよ。

全体的にディスプレイの解像度も高くて映像がキレイ。VRゲームのプレイもできるバランスの取れたタイプだと言えるでしょう。

本体価格は2万円~とやや高めですが、スマホVRゴーグルよりも遥かにキレイなVR動画を視聴できます。間違いなくアダルトVR視聴に1番おすすめのタイプですね。

代表的なスタンドアロン型VR

  • Meta(Oculus) Quest 2
  • Oculus Go
  • Mirage Solo
  • HTC Vive Focus
  • Pico G2
  • DPVR-4D&SKYWORTH-4D

PC接続型:最も価格が高いハイスペックモデル

PC・ゲーム接続型VRゴーグル

アダルトVRの視聴というより、ハイレベルのVRゲーム体験がメインとなるタイプですね。世界最高峰のゲームプラットフォーム「SteamVR」で最高品質のVRゲームがプレイできます。

ゲーミングPCに接続して使用するので、比較的ハイスペックのゴーグルが多いのも特徴。

PCのスペック次第でプレイ環境がいくらでもレベルアップするので、こだわりの1台にカスタムできますよ!

ただVRゴーグル・PCも同時に揃える場合、最低でも15万以上はかかる計算!アダルトVR動画を視聴するだけなら高すぎますよね。

また有線接続により自由度が少ないので、体勢がコロコロ変わるアダルトVRには不向きかなと感じています。

操作や設定も難しいので初心者にはまずおすすめできませんね。

代表的なPCVR

  • Oculus Rift S
  • HP Reverb G2
  • Valve Index
  • HTC Vive Focus
  • VIVE PRO
  • VIVE Pro 2

詳しい特徴については以下にまとめています。

ゲーム機接続型:PlayStationのVRゲームも楽しむ

PC・ゲーム接続型VRゴーグル

ゲーム機接続型は現状PSVRしか発売されていません。

PlayStationVR(PSVR)は世界で最も売れたVRヘッドセットです。リアルなゲーム体験をコンセプトに圧倒的な臨場感のVRコンテンツが楽しめます。

FANZA(DMM)が正式にアプリで対応していたことにより、アダルトVR動画の視聴でもメインに使われている機種でした。

現在は他社からより快適なスタンドアロン型など発売されているので、アダルトVRに最適とは言えない状況となっています。

やりたいゲームがあったり格安で手に入らない限りは、わざわざPSVRを買う必要はないかな?という印象です。

現在後継機であるPSVR2が開発中なので、そちらの発売を待ったほうがいいかもしれません。

アダルトVRに最適なVRゴーグルの選び方!見るべき6つのポイント

VRゴーグルの4タイプがわかったところで、選ぶ際に見るべきポイントを6つ解説していきます。

  1. FANZA・アダルトフェスタVRに対応しているか
  2. 解像度とディスプレイの種類
  3. 視野角が広い
  4. アダルトVR視聴に適した本体の形状
  5. ピント調整機能(瞳孔間・焦点距離)
  6. VRゲーム(エロゲ)もプレイできる機能が充実している

FANZA・アダルトフェスタVRに対応しているか

FANZA・アダフェス

国内のアダルトVR動画を視聴する場合、FANZAアダルトフェスタVRの2サイトだけ使えばすべての作品が網羅できます。

そのため上記2サイトに対応しているVRゴーグルを選ばなければいけません。

特に重要なのがFANZAに対応しているか。現在配信されているアダルトVRの大半がFANZA発なので、できれば見れたほうがいいですよ。

ちなみに公式サイトが発表している対応機種がこちら

FANZA アダルトフェスタVR
スマホ(iPhone・Android)
PlayStationVR
Windows VR(PC)
Gear VR
Oculus Go
Oculus Quest
Meta Quest 2
Xperia View
Windows Mixed Reality
スマホ(iPhone・Android)
PlayStationVR
Windows VR(PC)
Gear VR
Oculus Go
Oculus Quest
Meta Quest 2
DPVR-4D
SKYWORTH-4D
SKYWORTH 4D PRO

FANZAのVR動画を見るには専用の「DMM VR動画プレーヤー」のアプリが必要です。Pico G2 4K・SKYWORTH-4Dなどインストールできない機種もあるので注意が必要です。

アダフェスはデバイスごとで視聴できるアプリが違うので要注意ですよ。

解像度とディスプレイの種類

Quest 2ディスプレイ

アダルトVRで特に大事なのが画質!現実と同じようにきれいな映像が映ることで、VRセックスのリアルさに直結します。

そこで大事となるのがVRゴーグルのディスプレイ解像度。数値が高ければ高いほど鮮明に映してくれますよ。

機器名 解像度 ディスプレイ
Meta Quest 2 3,664×1,920 液晶(LCD)
Oculus Quest 2,880×1,600 有機EL(OLED)
Oculus Go 2,560×1,440 液晶(LCD)
Pico G2 4K 3,840×2,160 液晶(LCD)
SKYWORTH-4D 2,560×1,440 液晶(LCD)
Xperia View 3,840×1,644 有機EL(OLED)
PSVR 1,920×1,080 有機EL(OLED)
Oculus Rift S 2,560×1,440 液晶(LCD)
HP Reverb G2 4,320×2,160 液晶(LCD)
Valve Index 2,880×1,600 液晶(LCD)
VIVE PRO 2,880×1,600 有機EL(OLED)
VIVE Pro 2 4,896×2,448 液晶(LCD)

PC接続型のHP Reverb G2やVIVE Pro 2はハイエンドモデルともあってかなり数値が高いですね。

スタンドアロン型なのに3,664×1,920も高いMeta Quest 2も驚異的だなと思いました。

ちなみにアダルトVR動画の品質はすべて一定なので、基本どのデバイスで見てもキレイには映ります。

ただ解像度が低いと、ディスプレイにうっすらと格子状の模様が浮き出る「スクリーンドア効果」が顕著に現れていました。

スクリーンドア効果

出典:スクリーンドア効果 | Mogura VR

解像度が高いとスクリーンドア効果も弱まります。動画自体がキレイではなく「見やすくなる」ことで鮮明に見えると覚えておきましょう。

スマホ型VRゴーグルの場合はセットするスマホの解像度に左右されます。

またディスプレイにはいくつかの種類があり、VRゴーグルに多く使用されるのが液晶(LCD)・有機EL(OLED)などがあります。

最近の新機種に多いのは「OLEDマイクロディスプレイ」という種類で、これが一番キレイに映るのではと思っています。

素人目から見てそこまで違いはわからないので、ディスプレイの種類はあまり気にする点ではありません。

ということで、解像度の数値だけ気にしておけば問題ないでしょう。

視野角が広い

視野角

出典:XR-HUB:VRゴーグル毎の視野角や解像度、画質などを徹底比較!

VRゴーグルにおける視野角は頭を動かさずに見える映像範囲のことを指します。

視野角がせまいと双眼鏡をのぞいているような感覚になるので、没入感に大きく影響します。

広いゴーグルだと視界いっぱいに映像が広がるので、現実の目で見ているような体験ができるのです!

Meta Quest 2 110°
Oculus Quest 100°
Oculus Go 100°
Pico G2 4K 101°
SKYWORTH-4D 105°
Xperia View 120°
PSVR 100°
Oculus Rift S 110°
HP Reverb G2 114°
Valve Index 130°
VIVE PRO 110°
VIVE Pro 2 120°

現在販売されているVRゴーグルの相場は100°~120°の範囲が多いみたいですね。

最低でも100°以上あるならアダルトVR視聴には問題ないですよ。

アダルトVR動画に適した本体の形状

本体の形状によってアダルトVR動画に適しているか分かります。3つのポイントがあるので、順番に解説していきますね。

まず1つ目は後頭部がジャマにならないゴーグルです。

アダルトVR動画は作品の構成上、仰向け姿勢になることが多いです。

そのため後頭部に余計なパーツが付いていると、寝転んだときにかなりジャマ!

PSVR後頭部

例えばPSVRなどのゲームプレイがメインの機種では、激しい動きに対応するため後頭部が頑丈です。

近年は天井特化アングルといった「完全に上を向いて楽しむ作品」も開発されているので、よけい簡易的な形状をオススメします。

2つ目は重量です。

アダルトVR動画は1時間超えの作品がザラなので、長時間装着することになります。

本体が重いと頭部や首の負担につながるので、なるべく軽いものを選びましょう。

3つ目は接続コードが少ないorワイヤレスのタイプです。

アダルトVR動画では立ったり座ったり寝転んだりと、プレイに応じて体勢がコロコロ変わっていきます。

ベッドかソファーか場所も変わるので、コードに接続されていると作品内の男優に合わせるのが難しくなります。

またカラダにコードが当たると没入感の妨げにもなるので、できればワイヤレスが好ましいでしょう。

やはりスタンドアロン型がVR AVの視聴には合っていますね。

以上!3つのポイントを意識して、本体の形状も確認しておきましょう。

まとめ

  • 後頭部がジャマにならない
  • 重量が軽い
  • 接続コードが少ないorワイヤレス

ピント調整機能(瞳孔間・焦点距離)

人それぞれ目の位置や視力が違うので焦点距離・瞳孔間距離を調整できる機能があれば便利です。

ピント調整機能

ピントが合っていないと映像がボヤッと見えたり、近くのものが二重に見える原因にもなりますからね。

ピント調整が付いていない機器は誰でも合うように作られていますが、ないよりはあったほうがいいですよ。

機種によって手動ダイヤルか接続機器の設定に分かれます。

メガネVR

また普段から眼鏡をかけている人は、着用したままVRゴーグルを装着できるのかも確認しておきましょう。

例えばMeta Quest 2ではメガネをかけたまま装着できるスペーサーが付属品として同梱されています。

スマホ型の場合種類も多いので、視力が弱い人は気をつけましょう。

VRゲーム(エロゲ)もプレイできる機能が充実している

どうせVRゴーグルを手に入れるならアダルトVR以外の使い道もあったほうがいいですよね。

特にコンテンツとして優れているのがVRゲームだと思います。中にはエロゲがプレイできる機種もあるので、興味がある方はチェックしましょう。

ゲームをプレイする上で見るべきはトラッキング機能リフレッシュレートの2つ。

それぞれ解説しますね。

アダルトVRの視聴だけできればいいという方は気にしなくていいですよ。

トラッキング機能

VRゴーグルでは体や頭の動きを検知して、映像へと反映させるトラッキング(追跡)機能が付いています。

それぞれ「3DoF」と「6DoF」の2つに分かれているのが特徴です。

3DoFは頭の動きだけを検知するタイプ。VR動画の視聴を楽しむならここまででOKです。

3DoF

6DoFは頭の動き+体の動きまで検知するタイプです。体全体でVR世界に入り込めるので、より臨場感のある体験ができます。

6DoF

アダルトVRの視聴は3DoF以上があればOKですが、せっかく買うなら6DoFタイプがおすすめ。

単純にやれることが多くなるので、エロ以外もVRコンテンツを楽しめますよ。

リフレッシュレート

リフレッシュレートとは1秒間あたりに画面が何回切り替わるかの数値のことで、数が多いほどヌルヌルしたなめらか映像になります。

スクリーンドア効果

ここで主要VRゴーグルのリフレッシュレートを一覧で見てみましょう。

Meta Quest 2 120Hz
Oculus Quest 72Hz
Oculus Go 60Hz
Pico G2 4K 75Hz
SKYWORTH-4D 72Hz
Xperia View 120Hz
PSVR 120Hz
Oculus Rift S 80Hz
HP Reverb G2 90Hz
Valve Index 144Hz
VIVE PRO 90Hz
VIVE Pro 2 120Hz

現在のアダルトVR動画のリフレッシュレート(fps)の最高値は「60」なので、これ以上が基準となります。

だいたい60~120HzのVRゴーグルが多いので、どれで見ても滑らかさは変わりません。

もしVRゲームもプレイしたいならできるだけ対応数値が高いものを選びましょう。カクカク映像はVR酔いの原因にもなるので。

【2022年最新】アダルトVRにおすすめのVRゴーグルランキングTOP7

ここからは管理人が厳選したおすすめのVRゴーグルランキングを紹介します。

順位を決める上で先ほど紹介した選び方を元に、6つの項目を★5段階で評価しました。

評価項目

  • コスパ
  • 解像度
  • 視野角
  • 本体の形状
  • VR AV視聴の快適さ
  • ゲームに適した機能

30点満点とし、総合点の高い順でランキング付けしています。

順位 商品名 画像 総合点 作品の特徴 価格 形式
1位 Meta Quest 2 28.5/30点

全ての機能が高評価の現役最強VRゴーグル。アダルトVR視聴にもベストバイ

37,100円 スタンドアロン型
2位 Oculus Go 24.5/30点

コスパがよくアダルトVR視聴も快適。生産終了したものの根強い人気

19,800円 スタンドアロン型
3位 HP Reverb G2 21/30点

業界最高峰の解像度!PC型にしては価格も抑えめなのも◎

65,780円 PC接続型
4位 PSVR 20/30点

PlayStationを持っているならおすすめ。本体の形状がネックか

27,478円 ゲーム機接続型
5位 SKYWORTH-4D 19/30点

アダルトフェスタ特化型VRゴーグル!FANZA未対応がデメリット

33,000円 スタンドアロン型
6位 Xperia View 18.5/30点

FANZAにも正式対応!解像度は素晴らしいが対応機種が少なすぎる

29,700円 スマホ型
7位 ELECOM VRG-M02RBK 18/30点

低価格で手に入る初心者向け。スマホ型なのでお試し程度ならおすすめ

3,500円 スマホ型

それでは1位の機器からどうぞ!

1位:Meta(Oculus) Quest 2

Meta(Oculus) Quest 2の本体

出典:Amazon

機器名 Meta Quest 2(メタクエスト)
本体価格 128GB:37,100円
256GB:49,200円
使用方式 スタンドアロン型/PC接続型
解像度 3,664×1,920 高速スイッチ液晶ディスプレイ
視野角 100°
重量 503g
リフレッシュレート 90Hz
トラッキング 6DoF
ピント調整 ○(3段階)
FANZA
アダルトフェスタVR
全ての機能が高評価の現役最強VRゴーグル。アダルトVR視聴にもベストバイ

個人的にアダルトVRを見るならダントツでオススメなのがこれ!

Meta(Oculus) Quest 2は2020年10月13日に「Facebook Connect」から発売された、最新オールインワンVRヘッドセットです。

Facebook社からMeta社への改名により、2022年1月27日にMeta Quest 2へ名称が正式に変更されました。

外部機器との接続がいらない「スタンドアローン型」としての手軽さ。そして10万円以上するハイスペックのPC向けVRゴーグルをも超える解像度により、最高にリアルなアダルトVRセックスが視聴できます。

FANZAアダルトフェスタの2大VRサイトからも専用アプリが配信されており、アダルトVRの視聴もカンタン!

Oculus Linkという機能を使えばPCVR化もできるので、ゲームのプレイも充実しています。

37,100円という価格が安すぎると思うぐらいの機能性。まさに「現役最強のVRデバイス」と言えるでしょう。

管理人も愛用しているので自信をもっておすすめ!迷ったらMeta(Oculus) Quest 2を選んでおけば大丈夫です。

コスパ
解像度
視野角
本体の形状
VR AV視聴の快適さ
ゲームに適した機能
総合評価 28.5/30点

2位:Oculus Go

oculus goの本体

機器名 Oculus Go(オキュラスゴー)
本体価格 32GB:19,800円
64GB:25,700円
使用方式 スタンドアロン型
解像度 2,560×1,440 液晶ディスプレイ
視野角 100°
重量 468g
リフレッシュレート 60Hz
トラッキング 3DoF
ピント調整 ×
FANZA
アダルトフェスタVR
コスパがよくアダルトVR視聴も快適。生産終了したものの根強い人気

Oculus Goは映像コンテンツを主に楽しむためのハイスペックVRデバイス!Quest 2が発売されるまでは「アダルトVR専用」として1番最適なVRゴーグルでした。

圧倒的ストレスフリーな操作性、外部機器との接続がいらない手軽さが魅力。トラッキングは3DoFとなりますが、ゲームも専用アプリで楽しめます。

スタンドアロン型の中でもコスパが圧倒的にいいので、動画中心で見ていくのならオススメです。

ただ現在は生産終了となり公式サイトでの購入はできません。

新品を購入するのが難しくなっているので、中古品で手に入れることも視野に入れておきましょう。

コスパ
解像度
視野角
本体の形状
VR AV視聴の快適さ
ゲームに適した機能
総合評価 24.5/30点

3位:HP Reverb G2

HP Reverb G2

機器名 HP Reverb G2
本体価格 65,780円
使用方式 PC接続型
解像度 4,320×2,160 2.89LCD
視野角 114°
重量 500g
リフレッシュレート 90Hz
トラッキング 6DoF
ピント調整
FANZA
アダルトフェスタVR
業界最高峰の解像度!PC型にしては価格も抑えめなのも◎

HP Reverb G2はValveとMicrosoftの共同開発により誕生した、PC接続型のVRゴーグルです。

片目2Kという最高クラスの解像度を持ち、肉眼で見ているような鮮明さ!スクリーンドア効果もほとんど見えず、視野角も114°と広めに設計されています。

料金もPCVRの中では安いほうなので、高性能のPCが揃っている方なら選択していい1台ですね。

PC型のためアダルトVR視聴の快適さは劣りますが、とにかく鮮明な画質でVRを楽しみたいという方にはオススメ!

2021年に販売が再開され、今後も注目したい1台です。

コスパ
解像度
視野角
本体の形状
VR AV視聴の快適さ
ゲームに適した機能
総合評価 21/30点

4位:PSVR

PSVR

機器名 PlayStation VR
本体価格 27,478円
使用方式 PlayStation4/5に接続
解像度 1,920×1,080
視野角 100°
重量 600g
リフレッシュレート 120Hz
トラッキング 6DoF
ピント調整
FANZA
アダルトフェスタVR
PlayStationを持っているならおすすめ。本体の形状がネックか

PS4かPS5を持っている方におすすめできるのがPSVRです。

専用のDMMアプリを配信しているため、FANZAVRの視聴がとにかく快適!バイオハザードなどビックタイトルのVRゲームが楽しめるのも魅力ですね。

ネックになるのが接続コードの多さと本体の形状。

PSVR

後頭部のパーツは仰向け姿勢には適していません。外部カメラを設置してトラッキングをするので、使う場所が限られるのも残念なポイントでしょう。

2022年以降には後継機のPSVR 2の発売が予定されています。PS5を持っている方ならそちらを待ったほうがいいかもしれません。

コスパ
解像度
視野角
本体の形状
VR AV視聴の快適さ
ゲームに適した機能
総合評価 20/30点

5位:SKYWORTH-4D

SKYWORTHの本体

機器名 SKYWORTH-4D
本体価格 33,000円
使用方式 スタンドアロン型
解像度 2,560×1,440
視野角 105°
重量 319g
リフレッシュレート 60Hz
トラッキング 3DoF
ピント調整 ×
FANZA ×
アダルトフェスタVR
アダルトフェスタ特化型VRゴーグル!FANZA未対応がデメリット

SKYWORTH-4DはVR動画視聴を専門とした3DoFタイプのVRゴーグルです。

最大の魅力は国内2位のエロVR作品数を誇る「アダルトフェスタVR」の特化型として利用できること。ホームからアカウントへすぐにアクセスできるので、ストリーミング再生も快適です。

SKYWORTH

そしてアダフェスと言えばオナホ連動システム「+1D動画」でしょう。どちらも対応済みなので高水準のVRオナニーが楽しめますよ。

ただFANZAの公式アプリには未対応です。ほとんどアダフェス特化型となりゲームのプレイもできません。

同様のタイプで「DPVR-4D」という機種もあります。アダフェスの公式サイトでお得なセット売りもされているのでぜひチェックしてみてください。

コスパ
解像度
視野角
本体の形状
VR AV視聴の快適さ
ゲームに適した機能
総合評価 19/30点

6位:Xperia View

Xperia View

機器名 Xperia View(エクスペリアビュー)
本体価格 29,700円
使用方式 Xperia 1 III、Xperia 1 IIをセット
解像度 3,840×1,644
視野角 120°
重量 400g
リフレッシュレート 60Hz
トラッキング 3DoF
ピント調整
FANZA
アダルトフェスタVR
FANZAにも正式対応!解像度は素晴らしいが対応機種が少なすぎる

Xperia Viewは2021年11月にSONYから発売された新型VRゴーグルです。

Xperia 1 III・Xperia 1 IIの2機種だけに合わせたことで、スマホ型とは思えない超ハイスペックな機能に仕上がっています。

Xperia

4K/HDR対応のディスプレイを最大限に活かし、現実で見るような高精細な映像体験が可能に。120°の広い視野角も魅力的です。

DMMから正式に視聴アプリが出ているので、アダルトVR動画視聴もしっかり楽しめるでしょう。

ただ3DoFトラッキングで動画視聴に特化している点と、対応機種が少なすぎるのはデメリットだと思います。

現時点でXperiaを使っている方には最高のVRゴーグルなので、ぜひチェックしてみてください。

コスパ
解像度
視野角
本体の形状
VR AV視聴の快適さ
ゲームに適した機能
総合評価 18.5/30点

7位:ELECOM VRG-M01RBK(スマホ型VRゴーグル)

スマホ型VRゴーグル

本体価格 平均1,000円~4,000円
解像度 スマホによる
視野角 機器による
重量 スマホによる
リフレッシュレート 60Hz
トラッキング 3DoF
ピント調整
FANZA
アダルトフェスタVR
低価格で手に入る初心者向け。スマホ型なのでお試し程度ならおすすめ

7位にはスマホ型VRゴーグルの中で特に売れているELECOMのVRG-M02RBKという商品を挙げました。

ELECOMはスマホ型VRゴーグルのシェアNo.1のメーカーです。DMMも推奨している製品で、付属のリモコンはDMMVR動画プレーヤーの操作ができます。

Xperia

あくまでもスマホを介しているため解像度・機能面など全てが上位VRゴーグルたちには負けてしまいます。

ただ価格が3,000円もしないのでコスパは抜群!お試し程度で考えている方にはおすすめ!

最初から高いゴーグルを買うのが不安な方は、スマホ型から始めてMeta Quest 2などにステップアップするのがいいと思います。

コスパ
解像度
視野角
本体の形状
VR AV視聴の快適さ
ゲームに適した機能
総合評価 18/30点

アダルトVRが見れるオススメのエロ動画サイト

先ほどから取り上げていますが、アダルトVR動画を視聴していくならFANZAとアダルトフェスタVRの2つを使っていきます。

それぞれ特徴や魅力を以下にまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

FANZA

FANZA紹介

FANZA(DMM)は会員数3,000万人以上を超える業界最大手のアダルト動画配信サービスです。

最大の魅力はVR作品数の多さ!2022年3月現在までで12,600本が配信されており、半数以上がここでしか見れない独占配信なのです!

独占配信はS1やアイポケなど、業界一かわいいAV女優がそろう超人気メーカー作品ばかり。

こんな美人たちとVRセックスができるのはFANZAだけ!

FANZA
VRで見れるかわいいAV女優

全てにおいてトップクラスであり、エロVRを視聴する上でFANZAは絶対登録しておくべきです。

FANZA(DMM)でアダルトVR動画を視聴する方法

今回は最も簡単なスマホでの無料視聴方法を紹介します。

  1. FANZAの動画トップページ右上のDMMアカウントボタンから会員登録ページに進む。
  2. メールアドレスと任意のパスワードを入力してアドレスを送信するをタップ。
  3. DMMアカウント登録

  4. 会員登録認証メールを開き会員登録認証アドレス(URL)をタップすると登録完了です。
  5. 無料VR動画一覧から好きな作品を購入済み一覧に¥0で追加をタップ
  6. 無料VR動画一覧

  7. FANZA VRページの下部から視聴に必要なアプリのインストール
  8. FANZAアプリインストール

  9. インストールしたアプリを開き、先ほど登録したアカウントでログイン。ライブラリに追加した動画を再生しましょう。
  10. FANZAアプリインストール

会員登録に使用したメールアドレスとパスワードは忘れないようにメモしておきましょう。

有料動画はクレジットカード払いもしくはDMMポイントが使えます。支払い方法についてはFANZA支払い方法の記事をご確認ください。

最初からフルで見たいけど1,000円以上出せない…という方は期間限定!200円動画から動画を選びましょう!

また以下の記事でVR AVのおすすめランキングを発表しています。間違いなく抜けるものばかりなので、作品選びの際は参考にしてください。

アダルトフェスタVR

アダルトフェスタVR

Adult festa VR(アダルトフェスタ)は日本初のアダルトVR動画専門サイトとして、2017年から運営されています。

作品数は国内シェア2位を誇る7,600本以上で、FANZAで配信されていないプレステージなどの最新作も視聴できます。

4K60fpsの超高画質VR「匠」シリーズが人気!独自の技術によりFANZAよりキレイと評価するユーザーさんも!

そして電動オナホと動画が連動する「VR+1D」が体験できるのは業界でここだけ。

作品に合わせてオナホが動くので臨場感はバツグン!より気持ちいいオナニーを求める方にぴったりです。

アダルトフェスタVRでアダルト動画を視聴する方法

  1. トップページ上部の会員登録から会員登録ページに進む。
  2. 「LPEG POINTへの会員登録が必要です」と書かれた直下の会員登録をクリック。
  3. メールアドレスを入力し送信をクリック。
  4. L-POINT会員登録の案内メールが届くので、本文に記載されたURLをクリック
  5. 表示された必要事項を入力して、確認画面へ登録するをクリックして登録が完了します。
  6. VR専用アプリDimension Playerをダウンロードし登録したアカウントでログイン
  7. 無料作品一覧からお好みの動画を再生しましょう。

単品作品以外にストリーミング月額見放題のプランも2,980円で利用可能です。毎日見る方にとってかなりお得なプランですね。

基本的にはFANZAとアダルトフェスタVRを使えば、国内のエロVRは全て網羅できるでしょう。それぞれのサービスの詳しい比較は以下の記事で特集しています。

2022年以降に発売される注目の最新VRゴーグル

現在開発中の新機種で、特に管理人が注目しているVRゴーグルを2つご紹介します。

PlayStationVR2

PSVR2

PlayStationVR2はPS5専用の次世代VRシステムとして開発されている新機種です。

2022年に入り情報が明るみになっており、外観デザイン・スペックなど発表されています。

現時点でわかっていることは以下の通り。

PlayStation VR2の特徴まとめ

  • 正式名称はPlayStation®VR2
  • 片目2,000×2,040の4K HDRディスプレイ
  • 視野角110度で見やすくなった
  • 本体トラッキング機能により外部カメラが必要ない
  • 接続ケーブルがUSB Type-C®1本に減少
  • 触覚要素を感じれるセンシング機能を追加(ヘッドセットが振動など)
  • 新型のVRコントローラーを導入

ディスプレイ解像度が飛躍的に上がり、接続ケーブルの減少が見られます。アダルトVR視聴の面でも大きくプラスとなりそうですね。

まだ詳しい発売日や本体価格などわかってない情報も多いです。今後の動向に注目してください。

詳しくは以下の記事でまとめていますので、参考にどうぞ。

Project Cambria

Project Cambria

数々のハイスペックモデルを制作してきた「Meta(前Oculus)」社から最新機種が開発されているようです。

Quest 2の後継機ではなくハイエンドモデルとして作られているみたいですね。2021年10月に発表以来、詳細は明らかにされていません。

現役最強のQuest 2よりさらに機能性がアップするみたいなので、アダルトVR視聴の面でも大いに期待できます!

2022年内には詳しい情報が解禁されるらしいので、引き続き動向に注目していきましょう。

現時点でわかっていることは以下の記事にまとめています。

【まとめ】現状はMeta Quest 2の一強

今回はアダルト動画に最適なVRゴーグルの選び方とおすすめ機種ランキングをまとめてみました。

選び方のポイントとしては

  1. FANZA・アダルトフェスタVRに対応しているか
  2. 解像度とディスプレイの種類
  3. 視野角が広い
  4. アダルトVR視聴に適した本体の形状
  5. ピント調整機能(瞳孔間・焦点距離)
  6. VRゲーム(エロゲ)もプレイできる機能が充実している

この6つを意識するといいVRゴーグルに出会えそうです。できればスタンドアロン型を選んだほうが快適に視聴できますよ。

またアダルトVR専用にするのか、それ以外のVRコンテンツも楽しみたいのかで選ぶべきVRゴーグルが変わってくると思います。

機種の中には動画視聴専用・ゲーム特化など様々な特性があるので、しっかり調べた上で購入しましょう。

ポイントを踏まえた上でアダルトVRに最適なのはMeta Quest 2という結果となりました。

快適に使えて解像度も高いスペックは、全てにおいて最強かつ圧倒的な差でした。

何を買うか迷ったらMeta Quest 2を選んでおけば間違いないと思います。

ゴーグルを選んだら無料VR動画から試してみてください!おすすめアダルトVR作品を知りたい方は以下記事を参考にしてくださいね。

バーチャル岡本

@sukebate_okmtをフォロー

2018年にアダルトライターとして活動を開始。現在はスケベイトの管理人として全記事を執筆しています。
Oculus Quest 2を中心に様々なVR機器で毎月50本以上のAV作品を視聴。国内・海外合わせて30以上のアダルト動画配信サービスを試しました。
経験と知識を活かした役立つエロ情報を発信していきます。

著者紹介

アダルトVRの基礎カテゴリの最新記事